2011年08月02日

岡村ちゃんのこと

この夏、岡村靖幸さんがSWEET LIVE SHOWER2011にてファンの前に再び姿を見せてくれます。

 SLS2011公式サイト
 http://www.sweetloveshower.com/index.html

そして、アルバム出したり秋にツアーやったりと、ファン(←といっても比較的遠巻きに見ていた方だけど)としては感慨ひとしおです。

 岡村さんのマイスペ
 http://www.myspace.com/okamurayasuyuki

 岡村靖幸公式HP準備サイト
 http://v3-inc.jp/okamurayasuyuki/


岡村ちゃんとの出会いは結構初期でして、dog daysだったかな?まだ、あのぶっ飛んだ曲調になる前の、OUT OF BLUEからの流れの頃です。
それと、シティーハンターをよく見ていたので、主題歌のひとつになったSUPERGIRLとか。
とても変わった歌い方をする人だな〜という印象で、かなり心の中に引っかかるものがありました。

その後、聖書〈バイブル〉、だいすき…と、いわゆるみんながイメージする「岡村ちゃん」の路線になっていくと同時に、テレビ東京の深夜の音楽番組「eZ」でよく見かけるようになり、そのビジュアル、ダンスにもハマっていったのです。

 eZで放映された「聖書」のオリジナルPV
 (この番組、オリジナルPVが多くて素晴らしい番組でした)
 

好きな曲はいっぱいありますが、「聖書」「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」「イケナイコトカイ」あたりがやはり好きですね〜。

楽曲提供でも、聴けば一発で「岡村ちゃん!」てわかる感じも好きで、美里さんの「虹をみたかい」や川本真琴の「愛の才能」もお気に入りです。

当時は、ライブを見に行くことなんてしてなかったし、音楽チャートもテレビで見られる範囲の「表層」しか見ていなかったなぁ、と時々思うのですが、そんな中、岡村ちゃんが目立たなくなってきたかなぁ…?って思ってた頃に、いろいろと事件が起こってしまっていたわけで、すごくショックを受けました。

その後はそれほど積極的に情報を得ようとか思ってはいなかったのですが、ある夜ふとフジテレビをつけると、「夜のロックスタジオ」なる番組をやっていて、たまたま岡村ちゃんがギター一本でキャンディーズの「年下の男の子」をカバーしているではないですか!

 岡村靖幸/年下の男の子@夜のロックスタジオ
 

…かなり横幅が広くなってしまったビジュアルに軽い衝撃を受けつつ(笑)、でもあのアイドル曲をこうまで妖しく紫にしてしまうパワーに、さすが!とうなるばかりでした。

さて、そのテレビ出演が2007年10月、そして今年…。どんな復活を見せてくれるのか、楽しみでしかたありません。でも、正直な話、覚せい剤から離れることは本当に難しいようですし、私たちの期待を変にプレッシャーに感じず、文字どおり音を楽しんで活動してくれたらいいな、と切に願います。
(私はSLSには行けないので、スペシャでの放映を楽しみに待ちます♪)

※追記
ツアー、いつの間に追加が出ていたのですね〜!火曜日なら行ける!!

ラベル:岡村靖幸 ez SLS
posted by junjun1228 at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。