2011年07月21日

Oh! No! It's Heavy Polysick!!!全曲レビュー


(久々更新、恐縮です…)

発売からすでに4ヶ月が経ってしまいましたが(早いなぁ)、感想を書いておられる方をちらほらと見かけましたのと、自分の感想とはやや違うなぁとも感じたので、私自身の感想もここで記録しておこうかなと思います。
(それにしても、ポリの新譜レビューするの、アルバムでは初めてなんだなぁ…)

 Oh!No!It’s Heavy Polysick!!!(初回生産限定盤)(DVD付) [CD+DVD, Limited Edition] / POLYSICS (演奏); Fumi, Hiroyuki Hayashi (作曲) (CD - 2011)

01.Heavy POLYSICK

昨年8月のRIJFのSEで披露された、新生ポリシックス誕生!を表すような曲。あのGRASSでのどよめき、歓声…(その場には居られなかったけど)忘れられないです。今では定番の出囃子ですね!


02.Bleeping Hedgehog

ちょっと「The Next World」を彷彿とさせるリフから始まり、警報のような激しいシーケンス音が加わっていく、まさに「Heavy Polysick警報発令」
ハヤシくんとシーケンスが同時に「キュキュキュキュキュキュキューーーン!!!」と叫ぶところは、むしろハヤシくんが引っ張っている印象で、ライヴで聴くときも、その部分で一番アツくなります!


03.Let's ダバダバ

警報鳴りっぱなしの、せわしない展開から一転してのお祭りソング(笑)
昨年末のコーラスレコーディングや(←行ってないけど)年末のCDJでの披露からかなり時間が経ちましたね〜。
ちょっと話がズレるのですが、前作「eee-P!!!」では、「Digital Coffee」に代わるような「踊らせる」曲として「踊れHeaven」があるのかな?なんて考えていて、でも今のポリの空気は単に楽しいだけでなく激しさが混じっているんだ…と自分なりに解釈していました。
ところが、その直後にこのダバダバが公開になって。これは…文句なしに楽しいんですよね〜。手拍子の参加型とか曲の持つ祝祭感とか、「Baby BIAS」と「Electric Surfin' Go Go」のエッセンスが合わさったような、踊らせるという範疇を超えた曲だと思います。
(その後、ライヴでも色んな意味で新しい展開になっていますね)


04.Don't Cry

今までのポリにありそうでなさそうな、そんな曲。冒頭のフミちゃんのウィスパーボイスから、何か秘密を共有しているようなザワザワ感。そしてハヤシくんのボーカルに移ってからの、ザワザワ感が膨らんで膨らんで…爆発するような、この展開!!実のところ、今アルバムではこれが一番のお気に入りなのです。
(後半の間奏の盛り上がりのところで、サンプラーを鳴らすのですが、最も盛り上がるところでフミちゃんお気に入りの「11番」が炸裂してますね〜w ←「eee-P!!!」初回盤の特典DVD:機材紹介を参照)


05.Jumping Up and Clash

ちょっと爽やかなポリって感じですね(笑)。Rock Wave Don't Stopにもあるように、メロディが強調されています。


06.Go to a Strange City

昨年DEVOが超久々にアルバムを出しましたが、この曲は何となくDEVOをイメージしてるのではないかな?って感じがします。
フミちゃんの「ユ〜ラユ〜ラ ウ〜」のところは、電子音と人間の声が同化するような不思議なエフェクトがかかっています。それと、ちょっと行進したくなるような、ビービーと鳴る太いシンセ音でのリフが楽しい曲です。それにしても、ポリでフェードアウトする曲って珍しいですね〜。


07.Cough Cough

激しい感じのインスト曲。各所のコメントではお気に入りの方が多いみたいですが、確かにライヴ行ってこれ聴くと無条件でモッシュが激しくなりそうな曲です。
何だか表現が難しいのですが、曲の中でいくつか展開があって、いつの間にか振り出しに戻ってるという感じの不思議さがあります。
(どの曲も構成ってものはあるのでしょうが、この曲は特に「RPGで初画面に戻る」みたいな感覚があります)
間奏の咳払い、CDではフミちゃんが、ライヴではヤノくんがやります(笑)


08.Smile to Me

歌ものであり、またポリには珍しく?歌詞がかなり前に出ている曲です。ライヴで聴いているとそれほどは気にならないけど、CDだとかなり歌詞を読んでしまいます。
気になる異性に対する感情を歌ってる曲なのですが(←少なくとも表面的には)、そんな歌詞を書くハヤシくんの方がよっぽど気になってしまいます(笑)。


09.サブリミナル CHA-CHA-CHA

以前、ハヤシくんのアルバムインタビューで、このアルバムのテーマは「自由」ということでしたが、かな〜り自由な曲です。
やはり聴きドコロは…間奏のCM風のところかな?(笑)ハヤシくんとフミちゃんは紹介しきらないうちに曲に戻るのに、ヤノくんだけ2人に結構突っ込まれてるところがキャラですね〜。「POLYSICSのサブリミナル CHA-CHA-CHAという曲ですねぇ〜」というところは、YMOに元ネタがあるらしいのですが、詳しくなくてすみません(汗)。
(ラジオ聴いていた人はご存知の、フ〜タンのミラクルボイスが炸裂しています。ツアーでも一つの見所になっていましたね〜)


10.3 Point Time

アルバムの中ではダーク目な曲ですが、後半はギターがバンバン前に展開してきます。このダークさは、前アルバムの「Absolute POLYSICS」にも見られたような雰囲気でもあります。
それにしても、「そこのストライカー えしゃくしすぎで…」て、どんな歌詞なんだ(笑)


11.Digital Dancing Zombie

ファンキーなノリが強調されていて、フミちゃんのベースのかっこよさが際立っています!
そして、ここでも3ピース&電子音がセッションしている感じの一体感が普通に気持ちよいのです。
ハヤシくんのボーカルが全編ボコーダーなところもクールな曲です。


12.Much Love Oh! No!

これもDEVOっぽい雰囲気を持った曲ですね〜(さすが、「Oh! No!」と言ってるだけある?)。
突然ドラムが「ドコドコドコドコ」言って、「Much Love!」「Oh! No!」の掛け合いが大変シュールです(汗)。
最後のヤノくんの3日掛かりの「Oh! Noooooooo!!!!」が素敵です(笑)。


13.Have a Good Night

起承転結をはっきりさせているようなタイトルが珍しい感じがしますが…もちろんツアーでも本編最後の曲になっています。
といいつつ、歌詞は全然関係ない感じでもあり(笑)。歌詞を見ながら聴くと、ハヤシくんの機関銃のような早口ぶりに改めて驚いてしまいます。


(全体を通じて〜)
前作の「eee-P!!!」で見られた、3ピースバンドサウンドの音の太さと、それと同等レベルの電子音とのせめぎ合いといった、今のポリシックスを表す土台の部分は引き続き変わらずなのですが、「自由がテーマ」というだけあって、新たなチャレンジや遊び心が加わって、これまた楽しいアルバムに仕上がったなぁ、というのが全体を通じての感想です。
(今回も全曲で37分と短い!ル〜プル〜プ…)
ツアーレポはまた改めて…ですが、ライヴではこの曲たちをまた違った感じにも料理していて、今のポリシックスの勢い、結束力、表現力…すごいな!と(ひいき目かもしれませんが)強く思うのです。

…以前の4人のポリしか聴いていない人も、旧曲の溢れ出る若さに焦がれ続けている人も、是非、今なおも変わり続けるポリシックスを聴いてほしいなと思うのです。
(もちろん、ライヴも見てほしい!!)


アルバムインタビューで自分が気に入ったものを掲載しておきます。
(こちらの方が、自分のレビューよりずっと参考になります←当たり前かw)

Qetic
http://www.qetic.jp/?p=65374

excite music(美馬亜貴子さんのインタビュー)
http://ent2.excite.co.jp/music/special/2011/polysics/

ナタリーPower Push(小野島大さんのインタビュー)
http://natalie.mu/music/pp/polysics04

 
posted by junjun1228 at 19:50| Comment(0) | POLYSICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

新年のご挨拶 & COUNTDOWNJAPAN1011 12/31@幕張メッセ


明けましておめでとうございます。

年が明けまして2011年。すでに1月4日となりましたが、改めて新年のご挨拶。
拙い文章のブログですが、引き続き気ままに更新してまいりますので、よろしくお付き合いください。(たまにコメントいただけると嬉しいです)


さて年内最後のイベントということで、行ってまいりました「COUNTDOWNJAPAN1011」の最終日です。

前日の晩にこのブログの更新やらなにやらで朝6時まで眠れず、かなり厳しい状況でしたが、前日せっかくハルチさんから開門時の流れを教わったので、気合で行ってみることにしました。

続きを読む(やっぱり今年も長いです)
posted by junjun1228 at 04:25| Comment(0) | ライヴレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

今年最後の更新です・・・

 
2010年も残すところあと1日。
カウントダウンは(恐らく)幕張にいると思いますので、これが年内最後の更新となります。

正月から準備を始めて、2月に立ち上げたこのブログですが、何かのご縁でお読みいただいている皆さん、ありがとうございました。

2011年もやっとこさではありますが、続けてまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。


さて、年内最後のネタはどうしようかと思いましたが、ライヴに行った回数の振り返りなどを。

1月 1回、2月 1回・・・と数えていくと、フェスを含めて40回だったようです。

昨年に比べると、POLYの短い活動休止で春ツアーなし、そしてPerfumeもファンクラブトゥワーと東京ドームだけですから、自ずと少なくなります。
そうした中では、結構幅広に行けた方かな?と思います。

印象深いのはというと・・・まあ何と言ってもPOLY@武道館とPerfume@東京ドームなわけですが、山下達郎@八戸も最高でした。
(達郎レポ、結局書けてない・・・文章として賞味期限切れてますが、年明けに書きます)

新しいところでは、EORですかね〜。結果2回行きましたので。秋からは本格稼動のようで、Superflyさんとの絡みも含めて今後が楽しみです。
それと、怒髪天とシアターブルックの対バンはすごかったです。ほぼ初シアターでしたが、カッコよかった!!

フェスでは結構風変わりなところにもチャレンジして、春のKAIKOO POP FES@晴海ふ頭、夏のSLOW MUSIC SLOW LIFE@池上本門寺、秋のnewtralnation@お台場、といずれもメンバー選びなども含めて楽しかったです。

あと、今年はPlasticsとヒカシューのワンマンに行けたのも収穫でした。ヒカシューは何とか継続的に行きたいと思うのですが、スケジュールがうまく合わないことが多いですね〜。

まあ、やっぱり書かなきゃいけないのは、2年目となるライジングサンに達郎さんが出演したこと。これは感動的でした!

ともうひとつ、POLYSICSの早いカムバック。ちょっと出遅れて名古屋のRe:mixからでしたが、一回見るごとに演奏がよくなっていくような(まあ、こちらが慣れるって点もありますが)、ツアーまで含めて成長している姿が印象的でした。


さて、来年はPOLY関係でいきなりライヴ参戦が続きますが、できるだけがんばって何でも見に行くようにしたいですね。


ということで、よいお年をお迎えください。
 
posted by junjun1228 at 06:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。